l’esprit de continuer à rechercher -le spleen

ジャーナル 160415

スチーマーのカロット習得が終わった.地道に集めようとしたけれどすぐに飽きてしまって,駄目もとでパーセプターを三日くらい放置していたら1000ポッズになっていた.意外と狩られているものだ.

同じ設置系クラスであるスーラムにおいて,不可視な非障害物であるトラップとカロットとの使い分けは簡単であるけど,6にはしたもののスチーマーにおけるカロットの使い方はまだよくわかっていない.攻撃や回復などをしない障害物として,あるいはタレットが使えない,使いたくない時に使っていくのではあるのだろうけど...とはいえ共通スペルであるから,使い所に関してはスーラムの経験をそのまま使っていいはずだ.

サーバー間コロッシウムが7月に実装されることが公式に発表されたので,スチーマーも200に向けて育てていきたい.(一緒にレベリングしてくれる方を募っています.)ただ,3倍育成とはいえまだ196なので,200になるのを待ってから連携の練習をするのは時間がかかりすぎる.そこでβサーバーを活用しようと思う.同じアカウントのエニが200なのでクラス変更させるのである.

そのβが先日からヒロイックサーバーになっていて,ごみ箱を設立してギルド寺院から外に出た瞬間に襲われた.装備はお仕着せで,スペルのショートカットも空の状態から,突然の襲撃による混乱と,負けたらレベル1に戻ってしまう,つまりコロができなくなる緊張感のなかで,200のオサモを逆転してなんとか踏みとどまった.ハメ陣形が完成したのは自分のHPが400まで減ったところで,勝ちが確定した瞬間英語で無茶苦茶煽って,返答も聞かず止めを刺す,という下衆な行為をしてしまった.勝利すると相手の装備から何から全て自分のものになったので,これのために襲っているのだとわかった.


---
コロッシウムのマッチングのレベルの偏りへの不満はあるにしても,そこで味方となった低レベルのプレイヤーを責めるのは筋違いというものだろう.しかし,残念ながら現にそのような高レベルのプレイヤーはいる.自分はどちらかといえば低レベルのプレイヤーよりも,その彼を詰ったり,諦めて適当なプレイを始めるプレイヤーの方と組みたくないと感じる.こういう行為が後進を萎縮させ,最終的に自分の遊び場を狭めることに気づかないのだろうか.昨日は注意できなかったけど,今度味方になったら言おう.それに自分の印象では,こういう奴に限っていわゆる脳筋で,プレイヤースキルはイマイチ,ということが多い.レベル差を押し付けるだけのプレイングは醜い.

---

f:id:niangdeux:20160416114028j:plain
ユペールマージュ.ルックスはとても好みなのだけど,性能を聞きかじる限りなかなか育てる気にはなれず...

f:id:niangdeux:20160416114033j:plain
その点,フェカは強さと可愛さを備えていて,すごく気に入っている.最近はこっちでコロに登録している.