l’esprit de continuer à rechercher -le spleen

ジャーナル 160416

βサーバーのNPCがクラス変更ポーションを売らなくなっていた.前はあった気がするので,変更可能期間が終わったんだろう.いずれにせよ,これでスラフェカスチの200連携の実験は持ち越しになってしまったので,アエルマインでスチーマーを地道に育てていこう.今日は早速,30分ほどのレベリングで,196の20%から60%に.

黒スカラの触覚を必要数集め終えたので,SP戻しポーションを作ってエニに大量投入していたポイントを全てスチーマーに移した.次のアプデでポーションを作る必要がなくなることはわかってはいたけど我慢できなかった.これで3キャラの必要なスペルをすべて6にすることができて,呪文巻物に悩まされる必要がなくなった.

ドフスで勝つためにはキャラクターとプレイヤーの両方を強くする必要があると思う.キャラクターの強化はいわば数値を上げることで,装備の作成や魔術,スクロールやSPの投入などがそれにあたる.プレイヤーの強化は知識を増やしたり戦略の幅を広げたり,プレイヤースキルを高めること.たとえば格闘ゲームにはキャラクターの強化というものがないけれど,ドフスの対人に関しては両方が同じくらいの比率で大切になってくる.ただ,対人プレイヤーでも人によってどちらを重視するかは分かれているように思う.たとえばレタリン時代のスーラムYさんはプレイヤー寄り,ごみ箱のパンダN村さんはキャラクター寄りだった(彼はプレイヤースキルもすごく高かったけど).二人とも早く戻ってこい.

自分は対人の魅力は駆け引きと神の一手の追求にあると思っているので,どちらかと云えばプレイヤーの強化に重きを置いているのだろうけど,同時にキャラクターの数値をできるだけ高めておきたいとも思っている.数値が高いということは,それだけ負けた時の言い訳ができないということでもある.自分は元来言い訳の多い性格なので,勝てる試合を増やすためでも勿論あるけれど,言い訳を許さないための準備の意味合いもある.