読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
l’esprit de continuer à rechercher -le spleen

ジャーナル 160508

f:id:niangdeux:20160508132726j:plain
当日の同盟チャットにて日本時間の午前3時にクラヴイカが開門することを知り,普段ならスルーするところをオークルのために眠い目を擦って時間まで待機.ただ,おそらく数年ぶりになるクラヴイカの仕組みをほとんど忘れており,眠気もあって正しく攻略できる自信がなかったので,さしあたり門だけくぐっておいて,朝起きてから3キャラで挑むことにした.

クラヴイカは1ターンに2回,バフ消しを含む攻撃をしてくるが,たとえパワー+8000%のバフが乗るターンであっても,そのうちの1回は免疫で防げるので,イカの眼前にそれを掛けたタレットを一つだけ置けば自分たちのターンでちょうど射線がひらけるだろう,そんな計算で臨んだものの,その前のターンで警戒を唱えて免疫の効果を消すミスをしてしまい,結果として整地兼火力役のスーラムが溶けてしまった.

タレットが様々な局面で有効とはいえ,潮が使えなくなるので,クラヴイカ戦ではスチーマーの行動が相当に制限される.そのスチーマーのみで足の固定からやり直すことの困難に絶望的な気持ちになりながらも総攻撃をかける.HPを0にはできないことはわかった上での攻撃だったが,活力バフが掛かっていることも忘れていたので,結果的に次のターンで倒すことができた.捨て鉢にならなくてよかった.

そんなわけで,もともと経験値目当てで初めたものではあるけど,連休中に収穫を終わらせることができた.アカウントと同じ数のオークルがあることで,チームとしての装備の自由度も上がるだろう.

その後,トロフィーの素材集め.キンコラーなどの幾つかのダンジョンのほか,木こりや坑夫の作業をして,直前の記事でまとめた8種類のトロフィーの素材を揃えた.砂利を買うために頻度の低いスキルのポイントを少し溶かし,序でにスチーマーのカメレオンを購入.

f:id:niangdeux:20160509005232j:plain

ところで,自分は
ワインレッドというか静脈のような濃い赤がとても好きで,それがキャラクターのカラーリングにも反映されている.一方で,今は気分転換のために共生にしてるけれど,最も好きな装備のデザインは変幻自在なので,それが同じ色をしていることを小さな幸運に思っている.

---
今年もグルタルミナトールの時期が近づいてきた.一昨年は控えとはいえ代表に選ばれて,結局本戦出場はできなかったがトーナメントサーバーでのコロッシウム(参加者によるランダムマッチがある)を大いに楽しんだ.去年はこの時期休止中だったが,今年はまた狙ってみようかな.