l’esprit de continuer à rechercher -le spleen

ジャーナル 160604

日本人の方に話しかけられた.驚いて聞くとSNSの投稿を見たとのことで,ずっとこちらでソロプレイを続けてきた方だった.お互い英語のクライアントを使っていたのでローマ字の日本語で,サーバーの状況や外国人との交流の際のスタンス,装備のことなどで盛り上がった.一緒にダンジョンに行く約束をしてその日は別れ.

f:id:niangdeux:20160606000910j:plain
前に所属していたフレンチギルドのメンバーを,ルシュに帰ってきて初めて見かけたので,声を掛けてまた入れてもらった.日常的にログインしているメンバーの数は以前と比べると減ってしまったようだけど,もともと大所帯よりも少人数の方が性に合っているし,発言することの敷居も下がる(笑)よく考えると,自分は毎日外国との接点を持っているわけで.日本ではあまりフランス語を使う機会がないので,鈍らないようにたくさん話していきたい.

f:id:niangdeux:20160606000939j:plain
スラエカイオvsサクリイオエヌ(敗北)
2ターン目に,サクリに提携されたイオが向こうのイオに1ターンキルされて勝負がついてしまった.この試合とは装備を変えたかもしれないが,後で観戦したら彼の地耐性は30%近くあって,その時も残りのHPは3000を超えていたのに,性急から一気に持っていかれたのは予想外だった.これからは3000を超えていても油断ができないな.そういえば痛みの共有が1ターン目にあったが,1ターン目にどのくらいダメージがあったかは忘れてしまった.

彼の奪取値は忘れてしまったが,MP耐性32のトロフィーを付けていればエヌがいてもそこまで足を削られることはないということがわかったのは収穫.ただ,提携で近くに来たサクリを恐怖で遠くに飛ばしてしまったことは反省しなければいけない.そのサクリがエヌと転地したことで,みすみすエヌを遠くに行かせてしまったから.買収や退職といった戦略的スキルを封じるためにも,やはりエヌへの隣接を最優先で狙うべきだった.

あと,これは少し前からあえて気づかないふりをしていたけど,やはり自分は1キャラでのコロッシウムが好きだ(笑)3アカを動かしてみたくて復帰して,3キャラを200にして装備まで揃えた手前認めたくなかったけど,いざ3アカで登録しようとしても驚くほど気が進まない.やはり自分は,敵味方に合わせて装備や動き方を柔軟に変えられることが強さだと思ってきたし,それを磨くことが楽しくてコロッシウムをやっていたのであった.ストロングポイントを押し付けるスタイルが好きなら,そもそもスーラムをやっていなかった.もちろん,味方の足を引っ張ってしまったり,逆に引っ張られたりすることはあるけど,そんなことは最低限の覚悟として,コロッシウムの参加者なら皆ある程度受け容れてきているわけで,そういうことも含めてコロッシウムが好きなので,自分はこれからも1アカで参加していこうと思う.3アカのために育てたフェカやスチーマーではあるが,1アカで参加出来る選択肢が増えたと思おう.

f:id:niangdeux:20160606001036j:plain
その後,パーセプターの防衛戦を二戦ほど.コロでの鬱憤を晴らすかのようにサディダをハメる.nice moveの一声が嬉しい.