読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
l’esprit de continuer à rechercher -le spleen

ジャーナル 160619

ジャーナル ギルド・同盟

f:id:niangdeux:20160620073635j:plain
160618
レタリンとアエルマインでよくコロッシウムを一緒にしたサクリエールの方を見かけたので,新旧同盟ともに別だったこともあってそれ以外ではあまり話す機会はなかったけど,思い切って声を掛けた.どうやら自分と同じように単身でアエルマインから移っていたようだった(あとでブログを拝見させてもらいもした).PvPを一戦して負けたあと,コロッシウムのトレンドやサーバーの人口の変遷,ルシュでの日本語ギルドの実現などについて話をして別れ.

英語のクライアントでプレイしていると,唐突に日本語を話さなければならない状況になった時に「konnichiha!」というようなローマ字になるが,昨日は向こうもそうだったのでかなり違和感があった.日本語を使うと分かっていればクライアントの言語を変えて入るのだけど,日本語ギルドに人が増えればそういうこともあるのだろうか.ただ,日本語のクライアントは未だにフェカが鎧で殴ったりする,つまり新しいスペルや装備の翻訳がなされていないので,そうなるとクライアントは英語のままSkypeなどでチャット,というのも選択肢としてあるかもしれない.

ところで,サクリエールとのPvP,誇張なしに3年ぶりくらいにした.FさんやOさん(絶対わからんな)とよくやっていた頃の,転地提携と召喚のクールを数えながら誘引の軌道を変える罠の位置を読み合うあの感覚をすこし思い出した.当時はまだレベルも150くらいだったと思うけど,サクリエールとのPvPに限ってはあの頃の方が上手だった.

そういう経緯もあって,サクリエールは未だに対戦相手として特別な位置にあって,自分にとってサクリとスラのタイマンは召喚と罠,引きと押し,肉と骨がぶつかるドフスのクラシコである.昨日はエニリプサの強化についてすこし愚痴っぽい会話をした後だったこともあって,サクリエール一筋(の印象がある)相手の方との間に,お互いリヴァンプもなくここまで来てしまいましたな,という感傷めいたものがあった()

サクリ戦をクラシコと呼ぶのは,マスとターンを数える,このゲームの原始的な面白さをもっとも新鮮に享受できるからで,当時は試合をするごとに上手くなっていく気がしたものだ.だから,そこにスーラムの基本がほとんど詰まっていることを考えると,上でサクリエールとのPvPに限っては,と書いたけど,もしかしたらスーラムとしても自分はどんどん下手になっているのかもしれないと思う.単にレベルアップや装備の強化による数値的成長によってそれが隠されているだけだ.

別れの後,フェカと2アカで低レベルダンジョンをスコア300で回った.Rac Queen,LeChoque(シュクー),Dragon Pig,Moowolf(モーモー),インファイト用のidol構成で隣接して殴る,所謂脳筋プレイでいけた.

160619

引き続きダンジョンをスコア300で回る.Wa Wobot,Koolich,Moon,Puppet Master(ドラマク),Brutatax(キンコラー)を脳筋プレイで撃破して100までのダンジョンのアイドルのオーナメントを取得.その後,知り合いのモロッコ人に声を掛けられ,彼のクラパンダと150までのダンジョンをスコア300で回る.Pandora Master,Tanukoui San,CrossStrich(ダチウ),Captain Scarlightを撃破.ソロの時と違ってこちらは遠距離構成だが,それでも結構危ないところがあった.

最近Rさんが配信をしていることに感化されて,自分も環境を整えてcavetubeで配信をした.配信の知識も不十分なうえに,自分の顔や声などを乗せるつもりもないので配信としてはかなりお粗末なものだけど,人に見られるという意識があるとプレイが引き締まるので活用していきたい.ただ,2キャラを動かしながらの配信はやはり動作がかなり重くなったので,勝手に映すのも良くないし配信をするのは少なくともソロ2キャラの時に限られそう.単アカのコロッシウムなども映していきたいが,ただでさえ多い時間切れが増えないように,画質などの調整はしておかなければならない.他にも魔術や初心者のための講義などが思いつくが果たして需要はあるのだろうか.さしあたってサイドバーに告知用のtwitterと合わせてcavetubeのリンクを貼っておきます.配信は主に余裕のある平日の深夜(23時~)か週末になる予定.